視力とメガネ

視力アップはメガネ コンタクト レーシック

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復手術

レーシックと言う言葉も最近はよく聞くようになってきましたね 衛生管理面で
問題があった病院もあって ニュースにもなりましたが 一気にレーシックの
認知が すすんだのではないでしょうか?
メガネをかけている方にとっては レーシックってどうなんだろうか?と 一度
は考えてこともあるかもしれません。

視力回復する方法として 現在、一番主流になっているのが、レーシック手術だ
と思います。

レーシック手術は、プロゴルファーのタイガーウッズや片山晋呉 などの一流ス
ポーツ選手をはじめ ハリウッドスターや芸能人といった 有名な方々が受けて
いるということで 視力回復手術としてレーシック手術が有名になりました。

レーシック手術は、まず適応検査から始まって 医師が精密な検査結果をもとに
手術が可能かどうか診断します。手術事態は痛みが少なく、短時間ですむことで
も人気を集めています。

視力回復手術として有名なレーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯
正手術」といい、一口にレーシックといってもいくつかの種類があります。

主なレーシック手術の種類は、

レーシック、
イントラレーシック、
エピレーシック、
ウェーブフロントレーシック、
イントラウェーブフロントレーシック、
クリーンルームレーシック
などです。

それぞれに特徴があり、乱視や近視の強さ 角膜の形状や厚みなどによって適応
範囲外ということで手術ができない場合もあるようです。

視力回復手術としては、レーシック手術の他にも、ラセック(LASEK)やフェイ
キックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜
切開術)などもありますが、いずれも視力回復手術は健康保険が適用されないの
で、最近は手術費用も安くなってきたとはいっても、まだまだ手術費用はそれな
りに高く 健康保険の適用が受けられないか と願っている人も多いと思います。

視力回復手術をしても 人によっては 視力が 落ちてくることもあるようで
レーシック手術 を受けたからといって、一生、視力が悪くならないというわけ
ではなく、視力回復手術の種類によっては、思ったような結果が得られない場合
もあるようです。

視力回復手術を受けるときには、どの視力回復手術が最も自分に適しているか、
よく見極める必要があるかもしれませんが 自分の知識では限界がありますから

視力回復手術を考えている方は 適応検査や診察を 複数の病院で受けることも
考えた方がいいかもしれません それとあわせて病院も、手術費用に惑わされず
に慎重に選んだ方がいいでしょう。

ネットで事前に下調べをしておくのも有効だと思います。
スポンサーサイト

視力回復コンタクト

メガネをかけている人は とにかくメガネから解放されたいと思っていますが
簡単に 安全に視力が回復することがありませんから なかば諦めの気持ち
というのがあると思います。

でも安全で 簡単に視力が戻る 方法があるのなら その方法を取り入れたいで
すよねもう一つ 価格面のこともありますが この辺がクリアーできたらうれし
いですよね

そこで視力回復コンタクトというものですがこれなんかはどうなんでしょうか

視力回復コンタクトは、6時間から8時間ほど装着して寝るだけで、近視や乱視を
矯正できるというメガネをかけている方にとっては 夢のようなコンタクトです。

視力回復コンタクトは、アメリカで30年以上の実績がある視力回復法だそうで
オルソケラトロジーと呼ばれています。

寝る時に、特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着することで、角膜
の形状を矯正するという仕組みで この視力回復コンタクトの最大の魅力は、
手術の必要がないということです。

メガネなしで過ごせるなんて 素敵なことですよね。

視力回復コンタクトは、特に子供に効果的だと考えられています。子供は視力が
安定していませんから、大人より効果がでやすいと言われていますが
もちろん、65歳くらいまでの大人でも視力回復コンタクトを使うことができ効果
も期待できます。

視力回復コンタクトは、メガネやコンタクトが手放せない人にとっては、理想的な
視力回復法と言えるのではないでしょうか。

しかし どんな人でも効果があるかというとそんなことはなく 強度の近視や乱
視の人、ドライアイの人やアレルギー体質の人などは使用できません。

また、視力回復コンタクトの難点は、健康保険の対象外なので、今のところ、か
なり高額な出費になってしまいます。

アメリカでは、100万人以上の人が この視力回復コンタクトをが使っているそう
です。日本でも早く健康保険を適用して 安価に視力回復コンタクトを使えるよ
うにしてほしいものですね。

ちなみに、視力回復コンタクトは、装着期間が長くなると、一日の装着時間が短
くても 矯正効果が持続し その反面、視力回復コンタクトを装着しなくなると、
視力は徐々に戻っていくそうです。

視力回復手術が怖いという方の中には、視力回復コンタクトを使ってみたいと
考えている方も多いと思いますから 少しでもはやく 健康保険の適用をして
もらいたいですね。

視力回復トレーニング

メガネをかけたくないとか コンタクトは嫌だ レーシックは怖いという言うように
思っている人も多いはずですよね 目の良い人にはわからないでしょうが 本当に
メガネやコンタクトって うっとうしいです。

リハビリのように トーレーニングすることで メガネやコンタクトから開放される
ならうれしいですよね。

早く 裸眼ですごせるようにとはりっきって 視力回復トレーニングを、やりすぎると
逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

なので 視力回復トレーニングをするときには、一日10分程度を目安にして、毎日継続して
行うことが大切です。

視力回復トレーニングをしたからといって、すぐに効果が出るわけではありませんが、
続けることで成果が出てくるので 根気よく続けましょう。

視力回復トレーニングをしていても 一向に視力回復できていないように感じても、
それ以上、視力が悪化しないですんでいるのかもしれません。

視力が悪化していくスピードの方が、視力回復トレーニングの効果を上回っている
場合もあります。

視力回復トレーニングの具体的な方法としては、おもに眼球トレーニングが一般的でしょう。
目を動かす筋肉が凝り固まらないようにする 体操のようですね

目を上下左右に動かしたり、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。意識的に
寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、視力回復トレーニングになるようです。

次に、紹介したい視力回復トレーニングが、遠近トレーニング法です。

目の近くにポールペンや指などを突き出して、じっとみます。なるべく遠くの
ものをみて、また近くのものをみてください。

近くのものと遠くのものを交互にみることで、ピント調節のトレーニングになります。
このトレーニングは 視点を変えたときに ピントが合うさまが結構面白いです。

調節力のトレーニングとしては、みえるかみえないかというギリギリの文字を目を
細めないようにしながら、注意深くみるのも有効な方法です。

息を止めないで、瞬きを強めにして行います。
意識して 見るという行為が大切です。

終わった後は、目を閉じて目を休ませてください。

視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行い、終わった後は目を休息させることが
重要です。

テレビやパソコン本など 同じ場所見続けると言う行為が あまり良くないようです
身体も体操などして適度に動かすように 目も適度に動かすことが必要なんでしょうね
身体の健康はよく言いますが 目の健康も十分に気をつけたいものです。

乱視

私の周りでも メガネをかけている人が多いですが その中で 乱視の方も
結構います。乱視だとメガネをかけていても 見づらいと言います。

乱視が強いと そんなこともあるようですね 自分もメガネは必需品なのですが
乱視ではないのでそのへんは 助かっていますが 乱視の場合には どんな方法で
対処していくのがいいのでしょうか

乱視の場合の視力回復は、通常の視力回復と違って 乱視の個別の対処法が必要です。

一口に乱視と言うのは 屈折異常のことです。角膜や水晶体が歪んでいて、見ている
ものの像が網膜に届くまでに乱れてしまうわけです。

ですから 乱視になると、ものの見え方がぼやけ、だぶってしまいます。

正常な状態の目が丸いボールだとすると 乱視の場合の目は ラグビーボールと
いえるでしょう そのため 縦横のピントが合わず ものが見えない分けです。

乱視と一緒に近視や遠視をなどを併発していることが多いので、症状に合った
対処法が必要になってきます。
乱視にもいろいろな種類があって厄介ですね。

乱視の程度もいろいろありますが 軽ければ、メガネを使用することで解消できますが
強い乱視の場合は メガネでの矯正はどうしても無理があります
強い乱視の方はコンタクトレンズを使用することで、強い乱視にも対応できます。

乱視矯正用のコンタクトレンズも作られていますよ。

コンタクトレンズより優れた対処方法として 乱視の視力回復に最も有効な方法として
エキシマレーザーでの角膜屈折矯正手術 いわゆる レーシックがあります。

しかしレーシックは 屈折度数に制限があるため、全ての乱視の方の 視力回復が
できるわけではありません。

それに レーシックなどの 乱視矯正手術をしても 完全に乱視が治るとは限らず
多少もとに戻ったり 再発することもあるようです。

レーシックなどの乱視矯正手術を考えている方は 事前に 医師と相談して
どんなリスクがあるのか よく説明を聞くことが 大切です。

レーシックなどは 手術費用もかなりかかります 病院によって 費用も様々ですが
費用だけで 病院を選ぶことは 避けましょう。

しっかりとした 診察 信用の置ける病院選び 術後のアフターフォローなど
総合して判断する必要がありますね。

視力回復センター

視力回復センターというのを知っていますか? 新聞のチラシとかで 見たことが
ある方もいると思います。 視力回復センターに通って 実際に視力が回復するなら
やってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

もちろん 受けるからには 視力回復センターでは どんなことをして回復させるのか
その内容とか また費用とか気になりますよね そんなことを 分かる範囲で調べて
みました。

効果のほどはどうなのかというと ぶっちゃけ 視力回復センターで視力を回復
させるのは、仮性近視でないと難しいようです。

視力回復センターで視力が回復したという人は実際にいるんですね しかしその反面
全く効果がなかったという人もいるのです。

なので 視力回復センターで視力が回復したという人は 仮性近視だった可能性も
ありますね。

仮性近視は子供に多くみられるのですが、近くを見やすいように目が適応している
だけで、近視ではありません。

それなのに、メガネをかけてしまったり、コンタクトをつけてしまうと、本当の
近視になってしまいます。学校で黒板の文字が見にくいと思ったら 早めに 眼科医に
診てもらうのがいいのですが 小学生ぐらいだと 本人の自覚があまりないので
親が 気をつけてあげる必要があります。

視力回復センターで、視力回復のためのトレーニングをするのには、かなりのお金が
かかるようです。

しかも、そのトレーニングの大半は、書店で売っている本などでも紹介されています。

もちろん、全ての視力回復センターがそうだとは限りませんし、中には劇的な効果が
あるような視力回復センターもあるかもしれません。

でも、視力回復センターに行く前に、自分で眼球運動をしてみたり、視力回復のための
マッサージなどをしてみた方がいいと思います。

視力回復センターに行くのなら、できるだけ無料体験があるところで、本当に視力が
回復するのか確認した方がいいでしょう。

入会するだけで、何万円もかかる視力回復センターもありますから、事前によく
調べてから行ってください。

もし、どうしても緊急に視力を回復したいのなら、視力回復センターに行くよりも、
視力回復手術を検討する方がいい可能性もあります。

ただ、視力回復手術は、まだかなり高額ですし、あまり若いうちに受けてしまうと、
また視力が低下してしまうこともあるそうです。

仮性近視であれば 視力回復センターで訓練することで 視力が戻る可能性があり
そうですね どちらにしても まずは眼科医での診察が 一番先にするべき
ことかもしれません。

 | 視力とメガネ |  »

最新記事
カテゴリ
日本人の視力 (1)
視力回復 (5)
月別アーカイブ
スポンサードリンク
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。