視力とメガネ

視力アップはメガネ コンタクト レーシック

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復トレーニング

メガネをかけたくないとか コンタクトは嫌だ レーシックは怖いという言うように
思っている人も多いはずですよね 目の良い人にはわからないでしょうが 本当に
メガネやコンタクトって うっとうしいです。

リハビリのように トーレーニングすることで メガネやコンタクトから開放される
ならうれしいですよね。

早く 裸眼ですごせるようにとはりっきって 視力回復トレーニングを、やりすぎると
逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

なので 視力回復トレーニングをするときには、一日10分程度を目安にして、毎日継続して
行うことが大切です。

視力回復トレーニングをしたからといって、すぐに効果が出るわけではありませんが、
続けることで成果が出てくるので 根気よく続けましょう。

視力回復トレーニングをしていても 一向に視力回復できていないように感じても、
それ以上、視力が悪化しないですんでいるのかもしれません。

視力が悪化していくスピードの方が、視力回復トレーニングの効果を上回っている
場合もあります。

視力回復トレーニングの具体的な方法としては、おもに眼球トレーニングが一般的でしょう。
目を動かす筋肉が凝り固まらないようにする 体操のようですね

目を上下左右に動かしたり、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。意識的に
寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、視力回復トレーニングになるようです。

次に、紹介したい視力回復トレーニングが、遠近トレーニング法です。

目の近くにポールペンや指などを突き出して、じっとみます。なるべく遠くの
ものをみて、また近くのものをみてください。

近くのものと遠くのものを交互にみることで、ピント調節のトレーニングになります。
このトレーニングは 視点を変えたときに ピントが合うさまが結構面白いです。

調節力のトレーニングとしては、みえるかみえないかというギリギリの文字を目を
細めないようにしながら、注意深くみるのも有効な方法です。

息を止めないで、瞬きを強めにして行います。
意識して 見るという行為が大切です。

終わった後は、目を閉じて目を休ませてください。

視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行い、終わった後は目を休息させることが
重要です。

テレビやパソコン本など 同じ場所見続けると言う行為が あまり良くないようです
身体も体操などして適度に動かすように 目も適度に動かすことが必要なんでしょうね
身体の健康はよく言いますが 目の健康も十分に気をつけたいものです。

 | 視力とメガネ | 

最新記事
カテゴリ
日本人の視力 (1)
視力回復 (5)
月別アーカイブ
スポンサードリンク
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。