視力とメガネ

視力アップはメガネ コンタクト レーシック

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復手術

レーシックと言う言葉も最近はよく聞くようになってきましたね 衛生管理面で
問題があった病院もあって ニュースにもなりましたが 一気にレーシックの
認知が すすんだのではないでしょうか?
メガネをかけている方にとっては レーシックってどうなんだろうか?と 一度
は考えてこともあるかもしれません。

視力回復する方法として 現在、一番主流になっているのが、レーシック手術だ
と思います。

レーシック手術は、プロゴルファーのタイガーウッズや片山晋呉 などの一流ス
ポーツ選手をはじめ ハリウッドスターや芸能人といった 有名な方々が受けて
いるということで 視力回復手術としてレーシック手術が有名になりました。

レーシック手術は、まず適応検査から始まって 医師が精密な検査結果をもとに
手術が可能かどうか診断します。手術事態は痛みが少なく、短時間ですむことで
も人気を集めています。

視力回復手術として有名なレーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯
正手術」といい、一口にレーシックといってもいくつかの種類があります。

主なレーシック手術の種類は、

レーシック、
イントラレーシック、
エピレーシック、
ウェーブフロントレーシック、
イントラウェーブフロントレーシック、
クリーンルームレーシック
などです。

それぞれに特徴があり、乱視や近視の強さ 角膜の形状や厚みなどによって適応
範囲外ということで手術ができない場合もあるようです。

視力回復手術としては、レーシック手術の他にも、ラセック(LASEK)やフェイ
キックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜
切開術)などもありますが、いずれも視力回復手術は健康保険が適用されないの
で、最近は手術費用も安くなってきたとはいっても、まだまだ手術費用はそれな
りに高く 健康保険の適用が受けられないか と願っている人も多いと思います。

視力回復手術をしても 人によっては 視力が 落ちてくることもあるようで
レーシック手術 を受けたからといって、一生、視力が悪くならないというわけ
ではなく、視力回復手術の種類によっては、思ったような結果が得られない場合
もあるようです。

視力回復手術を受けるときには、どの視力回復手術が最も自分に適しているか、
よく見極める必要があるかもしれませんが 自分の知識では限界がありますから

視力回復手術を考えている方は 適応検査や診察を 複数の病院で受けることも
考えた方がいいかもしれません それとあわせて病院も、手術費用に惑わされず
に慎重に選んだ方がいいでしょう。

ネットで事前に下調べをしておくのも有効だと思います。
スポンサーサイト

 | 視力とメガネ |  »

最新記事
カテゴリ
日本人の視力 (1)
視力回復 (5)
月別アーカイブ
スポンサードリンク
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。